NEWS

松田通商株式会社
〒107-0062
東京都港区南青山3-3-15 MTCビル
TEL.03-5413-4611
平日9:30~18:00(土日祝日休業)

Communityが創立50周年を迎えました
2018.03.19

Communityスピーカーが創立50周年を迎えました。
Communityスピーカーが創立50周年を迎えました

Communityは創立50周年を迎えました

Communityプロフェッショナルラウドスピーカーは、革新的なスピーカーソリューションを50年に渡り提供してきたことを祝いました。1968年、Communityはブルース・ハウズ氏によって設立され、パワフルで軽量なコンサートにふさわしいラウドスピーカーを開発しました。Communityは現在、インストールされたアプリケーション用プロフェッショナルラウドスピーカーの、デザイン及び製造の世界的リーダーです。同社はマーケットフォーカスをツアーサウンドからMIへ展開し、ハウズ氏の技術的リーダーシップは全体を通して一定しています。

ハウズ氏は初期の時代についてこう回想します。「誰もが木や板金、または鋳鉄でホーンを作っていました。私たちはファイバーグラスが、小さな導管に理想的な材料となり得ると考えていました。ファイバーグラスは軽量で強く持ち運びが簡単で、成形が比較的容易でした。私たちは木の不完全さと比べると、非常に正確で軽量なホーンを作ることができました。

Communityスピーカーが創立50周年を迎えました

重要な情報はミッドレンジの中に

当時ツアーのシステムは、主にマルチセルラーの高周波ホーン搭載の、大きくホールドされたバスホーンで構成されていました。ミッドレンジは声の明瞭度が生きる場所であり、私の考えでは、スピーカーの最も重要な側面は『伝達』です。私たちは最初からミッドレンジに重点を置いていました。そして私たちがやることすべてにおいて、引き続き重要な役割を果たしています。今日においても、パフォーマンスと明瞭度はCommunityの最重要課題の1つです。」

「スピーカーメーカーは、大きな低音の『人を感動させるような要素』のために、明瞭さを見過ごす傾向があります。」とハウズ氏は述べます。「つまりすべての重要な情報がミッドレンジにあるということです。その正解を得なければ、残りのものは正しいことを意味しません。」

Communityのホーン・デザイン、エンクロージャー、トランスデューサは、詳細な性能測定やドキュメントとうまく結びつき、特に大規模システム、全天候型の能力、および難しい音響環境のためのソリューションの分野で、優れた『最初』のリストを達成しました。

Leviathanファイバーグラスコンポジット・バスホーン

エルヴィス・プレスリーのツアーとCommunity

世界中で愛されるCommunity

70年代にCommunityのLeviathan(ファイバーグラスコンポジット・バスホーン)を使用しての、エルヴィス・プレスリーのツアーからはじまり、メッカで開催される世界最大級の年に一度の集会に向けての場内放送に至るまで、同社の参考文献リストも同様に印象的です。ヴェネツィアでは、洪水警報を提供するためCommunityに頼っており、数多くのオリンピックや世界的なスタジアムでは、何百万人もの人々がCommunityシステムから大きくクリアなコミュニケーションを楽しんでいます。

新しいブランド・アイデンティティ

スティーブ・ジョンソン氏は2013年にCommunityのCEOに就任しました。経験豊富なオーディオ業界のベテランであるジョンソン氏は、価値あるセールスやマーケティング、そして商業的なノウハウを会社へもたらしました。

2014年、Communityは最新のブランド・アイデンティティを発表しました。新しいシンボルとロゴタイプのデザインは、製品とエンジニアリングの2つの重要な素質である正確さとエレガンスを示しています。2015年、Audioprof Group Internationalは、Communityの大半のシェアを獲得し、ブランドを強化、そしてその未来を保証しました。Audioprofは、オーディオ業界の特定のニッチに焦点を当てた強力なオーディオ会社を開発し、構築するために設立された持株会社です。

Communityスピーカー now

Communityに息づく革新

Communityは2018年、ISEで新しいIV6 モジュラー・バーチカル・アレイシステムを発表しました。非常に成功したI SERIESファミリーの最新メンバーであるIV6は、設置された屋内または屋外のアプリケーション用に審美的に設計されています。「業界の期待を上回り、優れた顧客サービスを提供することを願って、IV6のような新製品の革新を続けていきます」とジョンソン氏は述べています。

「Communityは何年も前にブルース・ハウズ氏によって設立されました。なぜなら彼は、スピーカーを作るより良い方法がなければならないと信じていたからです。独自のアレイ形成ツールを備えたIV6は、Communityにはいまだ革新が息づいていることを証明しており、その革新はこれからもCommunityを形成していくことでしょう。」

関連リンク

Community製品ページはこちら

一覧に戻る