NEWS

松田通商株式会社
〒107-0062
東京都港区南青山3-3-15 MTCビル
TEL.03-5413-4611
平日9:30~18:00(土日祝日休業)

Clear-Com Vシリーズパネルが2017FIFAコンフェデレーションズカップの放送をサポート
2018.06.01

Clear-Com VシリーズパネルがFIFAコンフェデレーションズカップの放送をサポート

コミュニケーションシステムのリーディングカンパニーであるClear-Com®は、チリの放送局であるRed Televisiva Megavision S.A.(以下Megaテレビ)が、IP対応のVシリーズ・インターカムユーザパネルを備えた、Eclipseデジタルマトリックスシステムを採用し、ロシアで開催される2017FIFAコンフェデレーションズカップの放送をサポートすることをアナウンスしました。

Clear-Com VシリーズパネルがFIFAコンフェデレーションズカップの放送をサポート

Clear-Comユーザーパネルでロシアとチリを結ぶ

Vシリーズ・ユーザーパネルは、インターネットを経由して、カザン、モスクワ、ソチのスタジアムで、ロシアのサンクトペテルブルクにある国際放送センター(IBC)のMegaテレビのプロダクションクルーと、チリの首都サンティアゴのセントラルスタジオでMega OBバンを相互接続します。ロシアからのインターカム・オーバーIP信号は、サンティアゴにあるMegaテレビのEclipseインターカムシステムに供給されます。

2018FIFAワールドカップでも同じシステムを採用

6月17日から7月2日まで開催される、2017FIFAコンフェデレーションズカップは、4年ごとに開催されるFIFAワールドカップのプレ公式大会として4年ごとに行われます。

ロシア(2018FIFAワールドカップのホスト国)、ドイツ(2014FIFAワールドカップの優勝チーム)、チリとメキシコを含む各大陸の王者である6チームの、計8チームがトーナメントに参加します。Megaテレビは2018年にロシアで開催されるFIFAワールドカップをカバーするために、同じIP接続のClear-Comインターカムシステムを使用する予定です。

遠隔地のクルーと効率的で信頼性の高い接続を、コスト効率よく実現

Megaテレビのオペレーション・マネージャー、アントニオ・オルマザバル氏は次のように述べています。「必要に応じてインターカムシステムをアップグレードし、拡張しています。世界中のどこにいても、遠隔地のプロダクションクルーと、信頼性及びコスト効率の高い接続を実現します。」

「国際的なイベントのために、ISDNやアナログ電話回線を探し出すのがますます困難になっています。」とオルマザバル氏は語ります。インターネットの普及により、多くのClear-Com Vシリーズ・ユーザーパネルを追加することで、代わりにIP経由で接続することができるようになりました。Clear-ComのIPテクノロジーは強くパワフルで、サンティアゴやモスクワ間など遠く離れた場所では、低帯域幅のインターカム通信を低帯域幅の前提条件(300kbps未満)で提供します。

「リモートIPパネルは、チリ本社とロシアのクルーとの間で、安定して一貫したコミュニケーションを生放送に提供します。」とオルマザバル氏は言及します。「Vシリーズ・パネルを介したIP通信は、コスト効率が高く簡単にセットアップできるだけでなく、迅速かつ分かり易いものにすることができます。」

ワンタイム・コンフィギュレーション・セットアップで迅速な接続を

Megaテレビのエンジニアたちは、既存のEclipseインターカムシステムにVシリーズパネルを追加し、ロシアにあるユニットをインターネット経由でチリのサンティアゴに接続することが、非常に容易であることを発見しました。Megaテレビのクルーは、様々なスタジアムや場所でインターネット接続を何度変更しても、Vシリーズのワンタイム・コンフィギュレーション・セットアップにより、それらは迅速に達成されました。Megaテレビのプロダクションクルーは、チリ本社とリアルタイムで話すことになんの問題もなく、その逆も同じでした。

「私たちは27年間にわたりClear-Comの顧客であり、Clear-Comが提供してきた製品の品質に一貫して満足しています。」とアントニオ氏は述べています。「来年、ロシアでFIFAワールドカップが開催される際に、Vシリーズパネルを最大のテストに入れることを楽しみにしています。」

まるで隣の部屋にいるかのような、スムーズなコミュニケーション

Clear-Comを使用する放送局のカスタマーの間では、インターネットを介して接続されたリモートVシリーズパネルを、メインのEclipseおよびEclipse HXインターコムシステムに追加することが、一般的な慣行となっています。電話回線の代わりにこれらのパネルを使用することで、システム上でオーディオ、ディレクター、マスターなどの異なる人やエリアと同時に通信することができます。

「これにより、彼らのワークフローはより素早くスムーズになります。まるで隣の部屋にいるかのようです。」とClear-Comの中南米カリブ地域担当セールスマネージャーのジョイント・コリン・ルーゴ氏は述べています。

「Clear-ComがFIFAコンフェデレーションズカップ及び2018FIFAワールドカップにおいて、重要な役割を果たすであろうことを、非常に名誉に思います。みんながFIFAのサッカーを楽しみにしています。」

関連リンク

Clear-Com製品ページはこちら

国内の導入事例はこちら

一覧に戻る