Clear-Comの導入事例
政府・軍事・航空機関にもClear-Com
Clear-Comインカムシステムに使用可能なヘッドセット・マイクの選び方
Clear-Com 50周年特設サイトはこちらから

松田通商株式会社
〒107-0062
東京都港区南青山3-3-15 MTCビル
TEL.03-5413-4611
平日9:30~18:00(土日祝日休業)

お問合せフォーム
お問合せメール

MS-702 / 2chメインステーション

Clear-Com MS-702
  • Clear-Com MS-702フロント
  • Clear-Com MS-702右アングル
  • Clear-Com MS-702リア

MS-702は2chのスピーカー内蔵型メインステーションです。マイクロプロセッサーにより、トーク及びコールはコントロールされ、リッスンレベルはチャンネル毎のボリュームによって調整できます。通常のコールランプによる呼び出しに加え、トーンアラート機能も装備されています。

【メインステーションとは】
メインステーションは端末ステーション(スピーカーステーション、ベルトパック/ヘッドステーション)に電源を供給するほかにターミネーションの設定や外部プログラム入力、ステージアナウンス出力等、いわゆる親機としての機能があります。システムに応じて2系統/4系統を選択可能で、Link機能によって全系統を1系統のパーティーラインとすることも可能。5系統以上についてはマスターステーションで対応。また規定台数以上の端末ステーションを使用する場合や、長距離システムによる電圧低下を防ぐ為に複数のメインステーションやパワーサプライを使用することもできます。オプションのグースネックマイクは、内蔵または外部スピーカーとの共用によりハンズフリーによる通話を可能にします。ショートサーキット回路を装備しシステムを保護します。AC電源が必要です。

仕様

ヘッドセットマイク

  • 入力:1KΩダイナミック型

  • 入力レベル:-55dBV、-10dBV MAX

  • 周波数特性:200Hz-12kHz(±3dB)

  • ゲイン:+41dB(±2dB)

パネルマイクプリアンプ/グースネックマイク・オプション

  • コネクター:1/4”パネルマウンティングジャック

  • 入力レベル:-45dBV

  • 周波数特性:250Hz-12kHz

  • ゲイン:+37dB

ヘッドフォンアンプ

  • 負荷インピーダンス:50Ω-2KΩ

  • 出力レベル:+20dBV(600Ω)

  • 歪率:<0.2%THD(1kHz)

  • 周波数特性:200Hz-18kHz(±2dB)

  • ゲイン(from intercom line):+37dB

スピーカーアンプ

出力レベル:110dB SPL

プログラムアンプ(電子バランスインプット)

  • 入力インピーダンス:100KΩ電子バランス

  • 入力レベル:-20dBV(LINE)

  • 周波数特性:100Hz-17kHz(±3dB)

電源部

  • 出力電圧/電流:30VDC 1.75A MAX

  • 接続ステーション数:スピーカーステーション10台またはベルトパックステーション(RS-701の場合)40台

コネクター

  • ヘッドセット:XLR-4M

  • インターカムライン:XLR-3M×6

  • 外部プログラム入力:XLR-3F

  • ステージアナウンス出力:XLR-3M×1

  • リレー出力:1/4”フォーンジャック

  • ホットマイク出力:1/4”フォーンジャック

一般仕様

  • システムレベル:-15dBV、0dBV MAX

  • ラインインピーダンス:10KΩ 200Hz-10kHz(200Ωターミネイト)

  • サイドトーンナル:>25dB

  • ステージアナウンス:-0dBV(600Ω)バランス

  • シグナリング:コールライト感度 4V DC、信号電圧 11V DC

  • チャンネルセパレーション:52dB 以上

  • S/N 比:-80dB 以下

  • 入力電圧/消費電力:90-240V、50-60Hz、80VA MAX

  • 動作温度:0-50℃

  • 寸法(mm)突起部含まず:483(W)×44(H)×180(D)、EIA19”1U

  • 重量:2.8kg

関連リンク

価格表・仕様書・外観図・マニュアル・カタログのダウンロードはこちら

一覧に戻る