Clear-Comの導入事例
政府・軍事・航空機関にもClear-Com
Clear-Comインカムシステムに使用可能なヘッドセット・マイクの選び方
Clear-Com 50周年特設サイトはこちらから

松田通商株式会社
〒107-0062
東京都港区南青山3-3-15 MTCビル
TEL.03-5413-4611
平日9:30~18:00(土日祝日休業)

RM-702 / 2chリモートステーション

Clear-Com RM-702
  • Clear-Com RM-702フロント
  • Clear-Com RM-702リア

RM-702は2チャンネルのリモートステーションです。MS-702の電源無仕様とも言えますが、チャンネルリンクやトーンアラート機能はありません。電源供給やターミネーションを行わない他は、メインステーションとほぼ同等の機能を持っているため、電源が他のステーションから供給される場合に親機として使用できます。

【リモートステーションとは】
リモートステーションはいわゆる端末ステーションで、パワーサプライやメインテーションからの電源供給が必要となります。その形状やチャンネル数によって、ベルトパック、ラックマウント、ウォールマウント、ポータブル等の各タイプに分かれています。

仕様

マイクプリアンプ入力1KΩダイナミック型
入力レベル-55dBV nominal
周波数特性250Hz~12kHz
ゲイン+41dB
パネルマイクプリアンプコネクター1/4”パネルマウンティングジャック
入力レベル-45dB
周波数特性250Hz~12kHz
ヘッドフォンアンプ負荷インピーダンス>50Ω
出力レベル+20dBV(600Ω)
歪率≦0.2%THD(1kHz)
周波数特性200Hz~18kHz(±3dB)
ゲイン(from intercom line)+37dB
スピーカーアンプタイプ16Ω
歪率≦0.2%THD(1kHz)
出力レベル4W@16Ω
周波数特性200Hz~18kHz(±3dB)
プログラムインプット入力インピーダンス>40KΩ
入力レベル-10dBV
周波数特性150Hz~15kHz(±3dB)
コネクターヘッドセットXLR-4-32
インターカムラインXLR-3-32×2 XLR-3-31×2
外部プログラム入力DB-15F
ステージアナウンス出力DB-15F
IFB/HOT MIC1/4”フォーンジャック×1
一般仕様システムレベル-15dBV、15dBV MAX
ラインインピーダンスブリッジング(12KΩ以上 200Hz~10kHz)
サイドトーン0~35dB
シグナリングコールライト感度 4V DC、信号電圧 11V DC
動作電圧20V~30V 通常 28V
消費電流平常時 65mA、通話時 120mA
動作温度0~50°C
寸法(mm)483(W)×44(H)×180(D)
重量2.36kg

関連リンク

価格表・仕様書・外観図・マニュアル・カタログのダウンロードはこちら

一覧に戻る