松田通商株式会社
〒107-0062
東京都港区南青山3-3-15 MTCビル
TEL.03-5413-4611
  050-3801-1688
平日9:30~18:00(土日祝日休業)

お問合せフォーム
お問合せメール

よくあるお問合せ

質問リスト

回答

デジタルハイブリッドとは?

放送で視聴者と司会者が会話をする場合を想定します。もともと電話回線は双方の会話が1本の線に混ざってしまう2線方式という通信方法です。これをそのまま放送や会場の音声に流してしまうと司会者のマイク音声に電話回線にのった司会者の声が付加されます。音質の悪い音声が混ざり、バランスがくずれたり、ハウリングを引き起こしたりします。
テレフォンハイブリッド(DH)は電話回線の音声から司会者の声を消し、視聴者の声だけを取り出す機械です。電話回線の音声は通常の音声回路とは違い非常に音質劣化が激しいので、これだけではほとんど音声を除去することが出来ません。DHは入力される司会者の声が電話回線に乗ったらどのように変化するかを瞬時にシュミレートし、司会者の声を的確に除去します。司会者と視聴者の会話に加えて、その放送内容をそのまま視聴者に送る場合はさらに複雑です。放送に流す音声には視聴者の声がすでにミックスされているので、これをそのまま視聴者に送り返すと、視聴者は自分の声が大きく戻ってきてしまいます。オートミックスマイナス機能とは、視聴者に送る音声から視聴者自身の声を自動で差し引く機能です。

PAGE TOP


COMREX音声コーデックの特徴は?

アナログ回線(POTS回線)を利用したモノラル音声コーデックです。従来のアナログ゙回線を使ったコーデックは最大7.5kHzモノラルの音声帯域を確保するのが限界でしたが、COMREX音声コーデックはそれを超える15kHzモノラルの音声帯域を確保できます。7.5kHzでは物足りなかった音楽素材もCOMREX音声コーデックで高音質伝送が可能になります!

PAGE TOP


POTSとはどういう意味ですか?

Plain Old Telephone Serviceの略でNTTのアナログ加入線の意味です。※PSTN (Public Switched Telephone Network)という言い方もします。

PAGE TOP


POTS回線を利用するメリットは?

回線の確保が非常に容易な点です。ISDN回線の場合予めNTT側に申し込みが必要です。また中継現場が複数箇所にわたる場合それら全てに回線をひく必要があり、コストと時間が非常に多くかかります。回線をひくことが困難な地域もあります。
ISDN回線の代わりにPOTS回線を利用すれば回線の確保も容易になり、中継現場を臨機応変に変えることもできます。臨時の緊急放送にも最適です。POTS回線とマイクさえ用意できればどこからでも中継が可能です。海外ではISDN回線よりもPOTS回線の方が入手しやすく海外中継では重宝されています。

PAGE TOP


POTS回線を使用した時の伝送速度と帯域、遅延は?

伝送速度は33.6kbps~9.6kbpsまで対応しています。24kbps以上で音声帯域15kHzを確保することが可能。9.6kbpsでさえ5kHz以上の帯域を確保できますので回線の状況が非常に悪い状態でも電話の声と同等の帯域を確保することができます。 遅延は単体で100mS、回線の遅延を含めると実測130mS~140mSになります。

PAGE TOP


伝送速度(通信レート)を変更することは簡単ですか?

メニューがわかりやすいので簡単に設定できます。 通信中に通信レートを変更したい場合、Q-dialボタンを押して通信レートを下げることができます。この機能により通信中に一度回線を切断する必要がなく、回線を切断しメニューから設定をし直す時間と手間もかかりません。

PAGE TOP


POTS回線を使った音声コーデックならば、どのメーカーでも互換性はありますか?

基本的にCOMREX音声コーデック同士での使用になります。COMREXコーデックならば機種を問わず互換性があります。

PAGE TOP


双方向の伝送は可能ですか?

もちろん双方向の伝送が可能です。

PAGE TOP


技術的な知識がないと操作は難しいでしょうか?

いいえ、メニューが簡単にできていますので素人の方でも操作は容易です。難しい設定も必要ありませんのでトラブルなく使えます。マイクと回線をつなぐ→ダイヤルボタンで電話をかける、という操作だけで中継が可能です。コンパクトかつ軽量なため鞄に入れて持ち運ぶことも可能。実際に記者一人にコーデックを持たせ海外を中継して歩いている放送局様もあります。

PAGE TOP


Matrix Vector BlueBoxの違いを教えてください

Matrix…オプションでISDN回線にも対応するモジュールを追加することが可能。1台でPOTS回線、ISDN回線両方に対応したコーデックです。マイク入力が2系統ありミックスして出力できます。
Vector…入力が3系統ありますのでスポーツ中継などのコメンタリー用に適しています。アナウンサー・解説・実況・場内音声をミキシングして出力できます。
BlueBox…マイク1入力のコンパクト・軽量設計です。鞄にも入り持ち運びに便利です。

PAGE TOP


MatrixオプションのISDN伝送では、どのアルゴリズムに対応していますか?

3つのアルゴリズムに対応:①64kbps G.722②64kbps MPEG L3③128kbps TurboG.722。①では7.5kHzモノラル音声、②では15kHzモノラル音声、③では15kHzモノラル音声、遅延6mSを実現しています。TurboG.722はCOMEX独自のアルゴリズムで、128kbps伝送を可能にし15kHz音声帯域を確保するとともに6mSという遅延速度で通信できます。

PAGE TOP


MatrixでISDN伝送するとき、他社メーカー音声コーデックとの互換性はありますか?

CCS Primaシリーズ゙との互換があります。64kbps G.722と64kbps MPEG L3の2つのアルゴリズムで可能になります。スタジオ側にPrima、中継先に持ち運びに便利なMatrixで接続が可能です。Matrixはマイク入力、ライン入力を備えていますのでミキサー卓は必要ありません。マイクとISDN回線だけで中継ができるので、機材を準備する手間とコストを省けます。

PAGE TOP


MatrixにISDNモジュールを追加したときPOTS、ISDN併用は可能ですか?

MatrixにはPOTS、ISDN両方のモジュールを装着できますが、同時にPOTS、ISDN回線両方を使って通信することはできません。POTS回線接続中はISDN回線での接続はできません。またPOTS-ISDNの通信もできません。

PAGE TOP


AC電源以外に外部電源を設けることはできますか?

Matrixのみ専用バッテリーを取り付けることができます。約7時間の動作が可能。

PAGE TOP


便利な機能はありますか?

外部電話を接続するポートを持っていますので、電話機を接続することでその電話機から発信することができ、放送前の打ち合わせ用連絡装置としても機能します。電話機での打ち合わせ中はコーデックの通信はできません。

PAGE TOP


海外でPOTS回線を使用して放送することは可能ですか?実績がありますか?

POTS回線のプロトコルは世界的に共通ですので、ほとんどの国で使用できます。実績:北米、オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、シンガポール、オランダ、ノルウェイ、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、ギリシャ、オーストラリア、日本。その他にも使用可能な国は多くありますので弊社までお問い合わせください。

PAGE TOP


アナログ専用線での使用は可能ですか?

いえ、使用はできません。

PAGE TOP