松田通商株式会社
〒107-0062
東京都港区南青山3-3-15 MTCビル
TEL.03-5413-4611
平日9:30~18:00(土日祝日休業)

FM2000A / 2KW FM送信機

Crown Broadcast FM2000
  • Crown FM2000A

Crown Broadcast FM2000Aは、アンプ部のPA2000と電源部PS2000で構成された、2KW/FM送信機です。80%RF効率と90%の電源供給効率を確保し、常に発熱を押さえるとともに、電力消費を最低限に押さえています。回路そのものも安定性重視で設計されていますが、さらに"ホットプラグ"構造を取り入れて、最高の安定性を確保しています。これは500W出力のモジュールを4つで構成し、事故やメンテナンスの際には1モジュールづつ交換できる機能です。わずかに出力は落ちますが、送信そのものを停止することなく駆動させ続けることが可能です。

仕様

※数値はエキサイターとしてFM100を使用時のものです。

一般仕様 設定可能周波数 76-90MHz
RF出力 500-2200W(リモートコントロールで連続可変)
最低RF入力レベル 70W:最大出力時(オプションのIPAモジュールで10W以下も可能)
エキサイターとしてFM100が標準装備
RF出力インピーダンス 50Ω(アンバランス)
VSWR 1.7:1 Maximum with automatic fold-back at higher VSWR
周波数安定精度 ±250Hz以内
モジュレーションタイプ Direct Frequency Modulation of Carrier
モジュレーション能力 ±200kHz
モジュレーション表示 LED(ピーク表示付き)
FM S/N比 (FMノイズ) -70dB以上(平均-75dB)
Asynchronous AM S/N Ratio -60dB below reference carrier with 100% modulation @ 400Hz, no de-emphasis, no FM modulation
Synchronous AM S/N Ratio -60dB below reference carrier with 100% modulation @ 400Hz, no de-emphasis, FM modulation = 75kHz @ 400Hz
RF Harmonics/Spurious Products -80dB以上
RFバンドワイズ ±120kHz, -35dB以上; ±240kHz, -45dB以上
動作環境 0-50°C
湿度 0-80%(20°C時)
高度 3000メートル
AC電源 180-280VAC(最大出力時240VAC)
消費電力 2.8kW(2.0kW RF出力時)
パワーファクター 0.96 Typical
Regulatory Type Notification for FCC part 73 & 74 Meets FCC, DOC, and CCIR requirements
RF出力端子 LC, 7/8 EIA, 7-16 DIN
寸法(mm)
  • アンプ:177.8×438.2×584.2 コネクター部含む
  • パワーサプライ:133.4×438.2×584.2 コネクター部含む
重量
  • PA2000:30.39kg
  • PS2000:17.69kg

一覧に戻る