松田通商株式会社
〒107-0062
東京都港区南青山3-3-15 MTCビル
TEL.03-5413-4611
平日9:30~18:00(土日祝日休業)

AViTA / プロダクションコントローラー

AViTA
  • AViTAフロント

Hi Tech SystemsのAViTAは、ネットワーク上でリアルタイムに動作するプロダクション・コントロールソリューションです。メディアのRec、Play、Searchを行うソフトウェア/ハードウェアで構成されており、メタデータをプロダクションシステムに統合します。AViTAはアセットマネージメントとニュースルームコンピュータのシステムにデータを変換。ソフトウェアはWindows、MacまたはLinux OSで動作し、ハンドヘルド・タブレットでも操作が可能です。

特長

  • スタジオでのプレイバック&レコード

  • タッチインターフェイスまたはハードウェアパネルからのショット・リコール

  • 各プレイバック・チャンネル毎のプログラマブル・トランスポートキー(Play/Cue/Freeze/Jog等)

  • ネットワーク上の複数のコントロールパネルからの複数サーバー・ポートへのアクセス可能

  • ユーザーレベルでのキー・ファンクションのカスタマイズ(日本語、テキストファイル使用可能)

  • XMLとMOSインターフェイスオプション

  • 1台のコントローラーから32台のサーバー・ポートをコントロール可能

  • ユーザーレベルでのカスタムコントロール(サーバー以外のルーター等の機器)

システム例

【ニュース、スポーツ&プロダクションスタジオのRecとReview】

  • XMLファイル転送でポストプロダクションのワークフローとスタジオ制作とのインテグレーションを高速処理

  • 制作上のメモやメタデータの追加(ロギングのためにRecされたシーンに関連するコメントを追加)

【オートメーション - プレイリスト、シングルチャンネルポートまたはABCD】

  • 4チャンネルまでのプレイアウト(オプションにて32まで可能)

  • Excel XMLまたはスケジューリングシステムからのプレイリストスケジュールのインポート可能

  • As-Runログをテキスト、XMLまたはMXFメタデータとして出力

【テープ・インジェスト】

  • 手動選択またはXMLリストからのインポートによるテープからクリップのインジェスト

  • テープ・インジェストのスタートとエンドをトリム可能

  • テープへの書出し時にテープの長さを選択 - テープ編集を自動で実行

  • テープへの書出し時にプレイリストをXMLファイルとして読込/保存

【ロギング/ハイライト】

  • RecまたはPlay中の場面をレビュー

  • サブ・クリップへのMark in/out機能

  • サブ・クリップをショットリストまたはプレイリストに組込み可能

<リモート・チャンネル・ステータス・モニタリング>

  • 一箇所から全てのビデオサーバーのポートをモニタリング

  • 低解像度ビデオ

  • ユーザーテキスト

  • クロック

【スケジュール・レコーディング】

  • 出力チャンネル毎の自動レコーディングが可能

  • 再利用のためサーバーからのダイレクト出力やライブ素材の自動レコーディングが可能

使用例

AViTA 使用例 AViTA 動作方法

ハードウェア

AViTAはいくつかのハードウェアを組み合わせて構成します。ユーザーに合わせた仕様が可能です。

AViTA ハードウェア組み合わせ例

関連リンク

価格表・仕様書・外観図・マニュアル・カタログのダウンロードはこちら

一覧に戻る