松田通商株式会社
〒107-0062
東京都港区南青山3-3-15 MTCビル
TEL.03-5413-4611
  050-3801-1688
平日9:30~18:00(土日祝日休業)

お問合せフォーム
お問合せメール

指令器・指令子器

FTL-0105n│指令器

FTL-0105nは2W/4W仕様の5ch指令器で、構内線・専用線に対応します。通話にはMIC、SPKを使用しており、長時間の作業を快適に行うことができます。ALLモードボタンによる一斉呼出も可能です。AUX入力を装備しておりIFBとしても活用できます。

FTL-0104│指令器

FTL-0104は指令器です。FTL-0105nと同仕様ですが、2W時は交互通話となります。

TTL-407│指令器

TTL-407は2W/4Wの2ch指令器で、構内線・専用線に対応します。送受話はマイクとスピーカーにより、長時間の作業を快適に行うことができます。またAUX入力を装備しており、IFBとして使用できます。オプションでDC駆動も可能。

TTL-403│指令器

TTL-403は指令器です。TTL-407とほぼ同仕様ですが、2W時の通話が交互通話(TTL-407は同時通話)となります。

DS-302│指令子器

DS-302は指令子器です。大音量下での番組制作では、カーボン型ヘッドセットでは音量が足りなかったり通話が不鮮明で、疲労やストレスの原因となることがあります。DS-302はこのような使用状況下において効果のある、ダイナミック型ヘッドセットの使用を可能にする、2/3/4Wの切替式の指令器です。カーボン型のカメラ用インターカムを、ダイナミック型として使用できます。

TC-603│指令子器

TC-603は1ch指令子器です。ハンドセットタイプ、2W/4Wの切替式子器。ターミナル端子とXLRを装備しており、電源は単3電池×8本、BP-90、AC100Vの3種類で運用します。

MTX-332RT│マトリックスアンプ

MTX-332RTはマトリックスアンプです。4Wの複数通話を成立させるためにはマトリックスが必要です。MTX-332RTは出先各所の通話レベルを簡単に調整できるように、呼び出し用マイクとスピーカー、レベルメーターを装備しています。マトリックスのイン/アウトは6×6または3×3を切り替えて使用できます。

INF-74│インターフェイス

INF-74は2W/4Wインターフェイスです。4chのインターフェイスを搭載し、Eclipseシステムと外部4W接続機器のレベル調整や、外部2W接続機器とのNULL調整を行います。入出力端子はDsub 9Pを使用。10kHzのアクティブローパスフィルターにより良好なNULL特性を得ることができます。

INF-72│インターフェイス

INF-72はINF-74の2ch仕様のインターフェイスです。入出力端子はXLR-3。

MTX-771│マトリックス

MTX-771はEclipseシステム用の7x7マトリックスユニットです。Eclipse接続用としてRJ-45を、増設6チャンネル分はXLR-3となっています。

MTX-441│マトリックス

MTX-441は4Wの複数通話のための、4x4マトリックスユニットです。出先各所においてインターカムの増設が必要な時、簡単に使用できます。各出力は入力に応じて出力されるため、通話レベルの調整は必要ありません。またサイドトーンの増加もありません。

関連リンク

価格表・仕様書・外観図・マニュアル・カタログのダウンロードはこちら

一覧に戻る

PAGE TOP