NEWS

News Release

松田通商株式会社
〒107-0062
東京都港区南青山3-3-15 MTCビル
TEL.03-5413-4611
  050-3801-1688
平日9:30~18:00(土日祝日休業)

お問合せフォーム
お問合せメール

ロサリオ大学にRenkus-Heinz ICONYXラインアレイ採用
2017.05.13

ロサリオ大学(Universidad del Rosario)はコロンビア・ボゴタ市に1653年に創立された大学。歴代大統領を多数輩出している有力大学です。修道院(Claustro)として知られているメインキャンパスの講堂”Auditorio Mutis”にRenkus-HeinzのICONYX Gen5スピーカーを中心とした新しいサウンドシステムが導入されています。


新しいサウンドシステムの設計・構築を担当したJohn Romero氏(Schallertech社)は「Auditorio Mutis(講堂)ではビデオ会議や音楽パフォーマンス、講義などが行われます。重要なのは、座席の最前部から最後部までスピーチが明瞭であることでした。そして音楽を最高の音質で再生するシステムが必要でした。」と述べています。それまでは8台の小さなスピーカーで講堂全体のエリアをカバーしていましたが、スピーチの聞き取りや音楽のプレゼンテーションで正しいステレオ音声のイメージを持つことは難しいものでした。Romero氏は音響設計を確実にするためMorphosis社(建築会社)と協力し、オートメーションや無線システム、ビデオシステム、照明、そしてサウンドシステムのデザインを手がけました。

講堂は長細い構造で、観衆にサウンドをフォーカスし続けたり壁や天井・フロアに分散させることは大きな課題でした。これを達成させるため導入されたのがRenkusのICONYX IC16-RNデジタルステアブルラインアレイです。ICONYX Gen5シリーズの一つであるIC16-RNは、16台の4インチ同軸トランスデューサーと3つの高周波ツイーターが特徴。ビームコントロールは400Hzまで効果的で、複数のビームとアコースティックビームセンターを供給することで、講堂内の観衆へしっかりサウンドをフォーカスさせることができます。

システムはDanteネットワークで管理され、調整はとても容易となりました。Romero氏は「Renkus-Heinzのシステムデザイナー用ソフトウェアRHAON llのシンプルさが調整を手助けしてくれました。BeamWare lll ステアリング計算・シミュレーションプログラムによって、必要としているビームデザインやアコースティックセンターを簡単に把握することができました。」と述べ、外観について「IC-16-RNはスリムで薄型のデザインなのでメインアレイが壁と視覚的に調和しています。ICONYXスピーカーの美しさとデザインは講堂を素晴らしいものにしました。」と説明しています。

RenkusのPN212-SUBサブウーハーはロングスロー磁気構造とデュアルチャンネル空冷が特徴のパワフルな12インチサブウーハー。最大134dB SPLのハイインパクト・パフォーマンスを提供します。PN212-SUBはスピーカー固有のクロスオーバー、パラメーターEQ、プロテクションが付いたPowerNet PN-1 Class A/Bアンプが特徴。システムのダメージにつながる出力レベルを感知して、安全なレベルに制限します。そしてステージにはRenkusのCF121M(2ウェイComplex Conicスピーカー)が1ペア設置。CF121Mには500Wのプログラムパワーを簡単に処理できる12インチの頑丈なウーファーが付いています。スピーカーはRenkusのPF1-200シリーズのClass Dインテリジェントアンプで駆動します。

「Renkus-Heinzスピーカーのサウンドは素晴らしい」とロサリオ大学エンジニアのJorge Bravo氏は断言します。「私たちは高品質なシステムを期待していましたが、ステージングやクリアなサウンド、美しさは期待以上でした。これこそ求めていたサウンドシステムです。」

あらゆる環境に最適なサウンドシステムを提供すべく、Renkus-Heinzは多くのスピーカーを取り揃えています。担当までお気軽にご相談ください。


関連リンク

Renkus-Heinz製品ページはこちら

一覧に戻る

PAGE TOP